LINK

できるだけ高い価格の査定額で自分の車を引き取ってほしい場合、買取査定をする前にまず確認をする必要がある項目が比較的たくさんあるのです。

清掃をして中古車の車内の臭いや汚い部分を除去しておくことが大切なことなのです。

自動車の評価をするのも生身の人間ですから、「汚損の激しいな〜」と思ったら当たり前によい査定をしにくいと思います。

臭い、埃などの車内掃除すらされていない汚い車というイメージを与えかねません。

車両に関係なく査定対象車の売却の際も例外ではないです。

まず、車内の臭いの査定額を下げるポイントとして、タバコ臭が挙げられます。

中古車の車の中は狭いところです。

そこでたばこを吸えば、タバコの臭いが車内にこびり付いてしまいます。

ここ近年では煙草を排除する動きがブームのようになっているため、そんな世論もあるためかなり下取り額が変わる要因となります。

売却額査定の前には、なるべく消臭剤などの商品で自動車の車内の臭いを消しておくといいでしょう。

それと飼っているペットの汚れは金額に影響します。

日常一緒にいる飼っているペットと自動車に乗る本人には気にならない事もあるので、自分以外の人に掃除後にしてもらうというのがよろしいでしょう。

それと汚くなっている車内に関しては、自動車を手放したのちに車の引き取り会社の専門業者が該当する車をきれいにして売るのだから必要ない、などと思って査定依頼したら相当売る車の査定金額は下げられます。

使っていれば汚れは仕方ないですが、タオルなどで拭いて取り除くことができるよごれに関しては洗車や車内をきれいにして落としておく必要があります。

車両にワックスをかけたり車のトランクの中の掃除などは重要です。

実際、ワックスをかけたり車内清掃に費やす費用と、汚れていることが原因で買取査定で引かれてしまう価格を比べると引かれる額のほうが影響が強いです。

しっかり手を入れて持っていた車といえるかという視点でみると普段から洗車をしたり車内をきれいにしておくということが最もいいと考えられますが、自動車査定に持っていく礼儀ですから引き取り査定をする前に掃除をすることだけは、手放す自動車の売却金額を高額にするならできるだけ済ませるべきことだと思います。