LINK

外国為替取引市場である外国為替証拠金取引(FX)を追求してみます。http://webmania.to

外国為替証拠金取引は二つの異なる国の通貨を取引して二国の通貨の差額を受け取れるといったような仕組みなのです。

このような二つの国のお金の関係で生まれる儲けをスワップ金利といいます。

このようなスワップ金利というのは、正式名はスワップポイントと呼ばれているらしいです。

FX(外国為替証拠金取引)のスワップ金利は、一日ごとにでも獲得できますけれども毎日の為替の相場の動向により異なるのです。

こうしたFXのスワップポイントで儲けることを目当てにFX(外国為替証拠金取引)の取引をしている人もたくさんいます。

スワップポイントは業者ごとに違いがあるためちょっとでもスワップ金利が高い業者を使いたいものです。

けれども、スワップポイントは為替相場が動くことによって一緒に変動するので注意しましょう。

もう一つ為替取引をやるためにはグラフを読む力が必須となるのです。

こうした図表を読み取れれば為替の変動をつかむ事が可能になると言われます。

外国の為替初心者の人が見ると、何を示しているグラフ?などと疑問に思えてしまうかもしれませんがポイントをつかんでおくことで図表を読む事が可能となるみたいです。

いつから円が上がって来ているあるいは下降するというようにここが最も円安だろうとこのチャートを読める事で判別が可能となり為替取引を行う際には非常にためになるものとなるはずです。

チャートは、日本の場合はローソク足を使っていて名前通りローソク形の図表で書かれています。

そのようなローソク足(陰陽足)では高値と安値また終値と始値などを表現されていて図表において様々な形状となります。