LINK

自動車重量税、略して重量税というものは、国産メーカーの自動車あるいはアメ車というような車の国やミニバン、ロールーフ車等車の形状も関係なく、レクサスやオペル、などにも一般的に負担が必須な税金なんです。男 陰毛 脱毛

新車登録の時、あるいは定期的にある車検の時に支払う税になります。受託合成会社

支払額はそのクルマの車重により決まっています。

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は違う概念なのできちんと学んで混同しないようにしなければなりません。

「自動車重量税はクルマの大きさ毎に」「自動車税という税金はクルマの排気量で」金額が違います。

それで引き取りする際の待遇も変わってきますから、注意が必要です。

中古車を手放す時には既に支払った重量税がいくら残っていても、その税額が返還されることはありません。

一方、自動車税でしたら、支払った金額を買取額に上乗せしてくれることがありますが、重量税に関しては上乗せされるという事例は全然ないでしょう。

重量税というのは車を売るときに納めてある額が残存しているからと言って車の買い取り専門店の方でそのことが忖度されることはまずないものなのです。

ですので次回の支払い、つまり次の車検まで待ってから買い取ってもらうという手法が無駄がないでしょう。

中古車売却の際は考慮していただけないのが重量税ですが、例外的な事例でしたら還付していただける可能性があります。

このケースは、車検が残っている愛車を廃車として処理する場合。

というのは、抹消登録をすると残っている期間に従って重量税が返ってきます。

ただし、自動車売却の時はその中古車が廃車されるわけではないので返ってきません。

そして、所有車の名義変更をしたケースや、盗難にあったケースなども返還してもらうことはできません。

自動車重量税が残っている愛車を売るイコール、つまり車検がまだある中古車です。

それを業者も忖度しますから自動車重量税の期間が残っていれば、ある程度買取金額は増えるでしょう。

当たり前ですが、買取額は業者次第でまちまちなのですが、車検期間が残っているということが忖度されれば、愛車の買取金額からみたらそこまで払い損ということもありません。