LINK

普通の初心者用のFX取引の雑誌では「差損が生じた状況ではナンピンすることで、全体の平均の価格をコントロールする事が出来る」と書かれていると思いますが現実的にはそれは大きな隠れたリスクがあると考えます。登録販売者

ナンピン買いの原理に関してとても簡単に説明します。カーシェアリング横浜のステーション

仮定として1ドル100円でドルを買ったとします。

ドル買いのため円安に推移するほど儲けが大きくなるわけですが、運悪く1ドルが95円まで円高ドル安に振れてしまったとします。

このままの場合所有し続けたらプラスになるためには、マイナス分、円安ドル高が進まなければならない。

誰もが、赤字は早く取り戻したい願うだろう。

ここで最初に取引したのと同じ量の$(ドル)を95円で買い増しする。

そうすると、ポジションの平均の買い付けコストは1ドル=97.50銭まで引き下げることができます。

すなわち、2.50円の幅で円安ドル高に向えば損失を失くせます。

これが、ナンピン買いの原理です。

こういうふうに、ナンピンの手法を目にすると「なるほど」という風に思うが、市場はそう簡単に思うようにはいきません。

そもそも、95円が下値だということなど、誰にもわからないのである。

もし、為替がかなりの円高ドル安の流れだとすると、95円ではとまらず、さらに一層円高ドル安に向うリスクがあります。

仮に、1ドル=97.50円でナンピン買いをして、95円までドル安に進んだらナンピンをした分についても、マイナスが生まれます。

その状態では、初めに買ったドルと全部で倍の損を被ることになります。

このように、ナンピン買いは難解です。

ならば、マーケットがあなたの台本とは逆向きにみるみる進んだ場合、どのような手段で危機を回避すればいいのでしょうか。

ここで選べる手段は2つ。

ひとつは観念して損を確定する事です。

別の方法としてはその時に、あなたが持っているポジションを小さくする事で、もう一回為替が戻るのを待ち望むことです。

少し主体性のない手段だと考える人もいるkもしれません。

けれども、買いポジションにマイナスが生まれた時最も適切な対策はこの他にはないです。

なるほど、机上では、ナンピンを入れるという考え方もありえます。

だけどナンピン買いは、自身が損失を出しているのに買いポジションを減らすどころか、それとは反対にポジションを増やしていく手段です。

それでは、危険を管理することなどどうやっても無謀だと思ったほうがいいです。

ナンピンを続ける事ができれば最終的には損を取り返せるかもしれません。

だがしかし、それ以前にお金が足りなくなってしまいます。