LINK

自動車重量税、略して重量税とは、日本の車あるいは外国の車というような自動車の国や四輪駆動車、1BOX車等車体も例外なく例えば、マツダやアウディ、などでも当たり前に負担が必須なものなんです。K-STOP

新車を登録するさい、もしくは車検を受ける場合に支払いが発生する税です。リネットプレミアム会員

支払額は対象となる車の車重により決められています。コンブチャ ミランダカー

「自動車重量税」と「自動車税」では全く別の税金のため、基礎となる税金を理解して間違えないようにしましょう。爪水虫クリアネイルショット

「自動車重量税というものは自動車の車重で」「自動車税というものは車のリッター数で」金額が違います。下半身太り 原因

それで、買い取りする時の扱いも変わってきますから、注意しなければなりません。ソニー不動産

中古車を手放す際には既に支払った額がどれだけあってもその額が還付されることはありませんが、一方、自動車税の時は既に納めた残存税額を買取金額に足してくれる場合がなくはないですが、重量税の時は上乗せされるといった事例はほとんどありません。病院 薬剤師求人

重量税は売却時に支払った税金があるとはいえ自動車買い取り専門店の方でそのことが材料になることはまずないものなのです。

そのためその次の支払い、要は次回の車検まで処分を待ち買取っていただくというのがベターです。

自動車の引き取りの時は還付の対象にならないのが重量税ですが、特定の事例だと返ってくる可能性があります。

これに当てはまるのは、車検が残ったままの車を廃車として処理するケースです。

つまり廃車登録をした場合残っている期間に従って額が返金されます。

ただし買い取りの場合はその自動車が廃車になるのとは違うので返金されません。

またクルマの名義を変更してしまった際や、盗難にあった際も返還してもらうことはできません。

自動車重量税が残っている期間がある愛車を買い取るイコール、要するに車検が残っている中古車ということと同じです。

それを買取店も忖度しますので重量税の残存期間があれば、ある程度査定額が増えることでしょう。

もちろん査定額は買取業者次第で異なりますが、車検の効力が残っている事実が考慮されれば手放す自動車の買取額からみたらあまり払い損と考えることもありません。