LINK

とうとう投資すると時という場合では第一に事前準備を横着してはいけません。ラーメン二郎 京成大久保店

相場に入る前場面を理性的に調査する事のできる余裕がある。宅卦 桃花方位

ところが、市場の内側へ足を踏み入れると、どう試みても見え方が客観性を欠くものになりがちで、重要な時にちゃんとした見方ができなくなる可能性があります。http://www.sakusakura.jp/

だからこそ自分の考えが理性的な段階で、間違いない準備する事が大切です。クリアネオパール すそワキガ

”事前準備”とは、まずはあなたの台本を描くことからスタートする。レモンもつ鍋

将来のあの通貨は上がる(または下がる)から米ドルを売る(あるいは買う)というふうに筋書きを書いていきます。ヒフミド 効果

次にチャートをチェックしよう。

過去の為替相場の上げ下げを見定めて、今日の値動きをチェックします。

そうすると、「今現在は相当行き過ぎた状況になっている」など、または「もう大方の勝負しているこの後大急ぎでしかけても今さら手遅れだな」ということが分かってきます。

もちろん今さらエントリーするのがやりようがないと考えたら、エントリーしないで、この場面ではすっぱりと吹っ切ることが必要です。

どうあがいても自らの台本を妥協しないで強引に新規エントリーすると、外国為替市場に押し返されてしまいかえって損することになります。

そうは言ってもたいがいのケースで事前に準備している物語を考えていると買い(または売り)が遅いという場面にはならないと思います。

大方、本格的に外国為替市場が動き出す前の状態のはずです。

その次にまずは自分が売り買いしようと思っている外貨ポジションの推移を、きちっと確かめる事が必要です。

例としてドル高が進むという台本を書いたのであれば該当する通貨の推移に注目する事が大切です。

市場の動きを注目し始めたときではまだドル円は誰の眼にも明らかに推移する兆しを見せないで、上がったり下がったり小さな上下動を繰り返しているだけでしょう。

しかしながら、その推移を正確に見ているとあるところでじりじりと、円安の方向へと市場が変化し始めます。

このタイミングでやっとドル買いのトレードします。

通常は、ここまで十分に計画を進めておけばその注文で利益を上げる率は高まるはずだ。